« 検察との対決姿勢「もっと冷静に」…首相 | トップページ | 「国民の理解得る」小沢幹事長、民主幹部に »

検察との対決姿勢「もっと冷静に」…首相

 鳩山首相は20日夜、民主党の小沢幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件で、党が「捜査情報漏えい問題対策チーム」を設置するなど東京地検との対決姿勢を強めていることについて、「捜査の行方を冷静に見守るべきだ。あまり熱っぽく行動することは控え、冷静にした方がいい。そう求めたい」と述べ、冷静な対応を促した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 また、民主党内で今国会への提出を求める意見が出ている犯罪捜査における取り調べの録音・録画(可視化)を義務づける法案について、「通常国会に提出することを今、考えてはいない」と表明した。理由については、「こういう事件が起きたからといって行動すると、検察に対する批判と受け止められる可能性もある」と説明した。

 一方、逮捕された石川知裕衆院議員が政治資金収支報告書への不記載について、小沢氏の了承を得ていたと供述していることについては、「捜査によって明らかになる話だ。今、私から何かを幹事長に求めることをするつもりはない」と述べ、小沢氏に説明を求めない意向を示した。

|

« 検察との対決姿勢「もっと冷静に」…首相 | トップページ | 「国民の理解得る」小沢幹事長、民主幹部に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検察との対決姿勢「もっと冷静に」…首相:

« 検察との対決姿勢「もっと冷静に」…首相 | トップページ | 「国民の理解得る」小沢幹事長、民主幹部に »