« <陸山会土地購入>水谷建設「さらに千数百万円」小沢氏側に | トップページ | バンクーバー五輪・女子フィギュア鈴木明子選手が金メダル応援ソングで“女優デビュー” »

ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など

 アメーバ状の単細胞生物である粘菌は、餌のある場所に体を広げ、養分などをやりとりする。北海道大などの研究チームが、首都圏の地図を模した容器に粘菌を入れて実験したところ、実在の鉄道網に似た効率の良いネットワークを形成することが分かった。粘菌の行動をヒントに、限られたコストで最適な輸送網を見いだせる可能性があるといい、論文は22日付の米科学誌サイエンスに掲載された。
 科学技術振興機構の手老篤史研究員や北大の中垣俊之准教授らは、粘菌のネットワーク成長が(1)利用の多い経路が発達し、少ないと消滅する(2)経路の総距離はなるべく短くする(3)どこかが切られてもいいように迂回(うかい)路を確保する−特徴を持っていることに着目。ネットワークの構築コストと効率を評価する理論モデルを編み出した。
 その上で、首都圏の地図を模した培養容器を用意。山手線内に当たる部分に大きな餌と粘菌を置き、周囲の主要駅(約30カ所)に餌を配置する実験を複数回行った。経路の総距離や輸送効率、経路が切れた場合の迂回路の維持率を調べたところ、いずれも実在の鉄道網に匹敵する輸送効率や、アクシデントに対する強さがあることが判明。中には現実の路線図とよく似た経路が形成された例もあった。
 研究チームにはこのほか、広島大、九州大などの研究者が参加している。 

|

« <陸山会土地購入>水谷建設「さらに千数百万円」小沢氏側に | トップページ | バンクーバー五輪・女子フィギュア鈴木明子選手が金メダル応援ソングで“女優デビュー” »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など:

« <陸山会土地購入>水谷建設「さらに千数百万円」小沢氏側に | トップページ | バンクーバー五輪・女子フィギュア鈴木明子選手が金メダル応援ソングで“女優デビュー” »