« 小沢氏、多忙なのに碁… 一変「聴取日」指定 | トップページ | 小沢氏、多忙なのに碁… 一変「聴取日」指定 »

香取慎吾、世界進出!アジアや欧州で舞台上演へ

 昨年11月、米ニューヨークで上演したSMAP香取慎吾(32)の主演ミュージカル「TALK LIKE SINGING」が、日米以外のアジア各国や欧州でも上演計画が浮上していることが23日、分かった。

 この日、凱旋公演が東京・赤坂ACTシアターで開幕。和製ミュージカルをオフブロードウェーで初演する初快挙で“世界進出”を果たしたKATORIが、さらに海外に羽ばたく可能性を製作関係者がぶち上げた。

 香取演じる主人公ターロウは生まれつき普通に話せず、歌と踊りだけで表現する青年。セリフは日本語と英語が半々で日本公演では日本語字幕が付くが、「英語圏の英国はもちろん、他の言語でも上演できる作品。アジアや欧州など他の国で上演したい」と関係者。

 英語部分をフランス語や韓国語、中国語などに替えても内容的に成立するとの考えだ。現実的には言語習得やスケジュール上の問題で近い将来の実現は難しいが、2カ月間英語を猛特訓した香取のプロ根性で中長期的には可能性がありそう。特に、SMAPの知名度が高い韓国などアジア各国では現実味が高くなる。

 香取は「ニューヨークでは13公演。東京ではSMAPのスケジュールこなしながら、50公演ですよ。果たしてクリアできるのか…。途中で(同僚の)稲垣吾郎に主演が替わっているかも」とジョーク交じりに弱音を吐きつつ、「ボク頑張ります!!」とガッツポーズ。他国語バージョンができても難なくクリアしそう。3月7日まで同所で。

|

« 小沢氏、多忙なのに碁… 一変「聴取日」指定 | トップページ | 小沢氏、多忙なのに碁… 一変「聴取日」指定 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香取慎吾、世界進出!アジアや欧州で舞台上演へ:

« 小沢氏、多忙なのに碁… 一変「聴取日」指定 | トップページ | 小沢氏、多忙なのに碁… 一変「聴取日」指定 »