« ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など | トップページ | ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など »

バンクーバー五輪・女子フィギュア鈴木明子選手が金メダル応援ソングで“女優デビュー”

 来月13日(日本時間)に開幕するバンクーバー冬季五輪・女子フィギュアスケート日本代表の鈴木明子選手が、レゲエ歌手・Metisの新曲「キミに出会えてよかった」(2月3日発売リリース)のミュージックビデオで“女優デビュー”することが21日、わかった。摂食障害で一時は選手生命のピンチに陥っていた2年前、「母賛歌」を偶然耳にしたことから感銘を受け、その後交流をはじめた鈴木選手は、自身の応援ソングとも言える同曲のミュージックビデオについて「競技とはまた違った緊張が撮影ではあった。近い将来、生歌でリンクを滑りたい!」と自身の出演作品持参で戦地に乗り込み、五輪制覇にも意欲満々。Metisも現地での応援を実現させるべく、スケジュール調整をはじめているという。

【写真】スケート靴を手に笑顔を見せる鈴木明子選手のオフショット

 大学時代に摂食障害に悩まされ、一時は30キロ台にまで体重が激減した鈴木選手がその後、徐々に体力を回復させてきた頃に偶然出会ったのがMetisの「母賛歌」だった。アスリートして気持ちを支えてくれる楽曲を愛するようになった鈴木選手は「母賛歌」をかけながらリンクで練習するようになり、そんな姿を見た関係者がMetisサイドと連絡を取り、2人を引き合わせた。同じ誕生日(3月28日)に生まれ、しかも1歳違い。定期的に食事をするだけでなく、互いの本業であるライブや試合に行き合う関係になり、互いに精神的な支えとなっていった。

 鈴木選手が“友情出演”したビデオの収録は昨年6月。新たなスタートを切る人々やアスリートを応援するために作られた楽曲にサビの部分で登場する。氷上ではなく、陸地で大きく腕を振りながら熱演し、映像はそのままMetisに変わっていくという“ビデオの見所”に起用され「メティちゃんに出会えて良かった!」とアスリートとして大きく成長することができた奇跡のコラボに感謝している様子。

 一方、Metisは五輪を決めた鈴木選手の出演に「本当に貴重な映像のミュージックビデオになりました。(鈴木選手は)とてもいい表情をしていて、輝いている。そしまた、共に力を分け合う仲間でもあります。2人の思い出になりましたし、オリンピックも頑張ってほしい!」と感謝とエールの言葉を送った。

【関連】
フィギュア・モロゾフコーチ、美姫&信成“五輪V”は 「そんなに簡単なものではない」 (10年01月15日)
浅田真央、胸元の開いた大胆衣装で「失恋したい」想いを表現 (09年10月15日)
ラルク アン シエル、『NHKバンクーバー五輪』放送テーマ曲を初お披露目 約1年半ぶりの新曲に「新鮮で楽しみだった」 (10年01月13日)
【阪神淡路大震災15年】各地でアーティストが“次代”に生きる大切さを伝える (10年01月18日)
7年間の闘病の末、レゲエシンガー・Metisの母が死去 (08年12月12日)

|

« ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など | トップページ | ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバー五輪・女子フィギュア鈴木明子選手が金メダル応援ソングで“女優デビュー”:

« ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など | トップページ | ネットワーク構築、粘菌に学べ=効率、首都圏の鉄道網並み−北大など »