« 融資名目、2億5000万詐取 容疑の東電元幹部ら逮捕へ | トップページ | DNA追及され再び「自白」…足利事件テープ »

首相、「起訴されないことを望む」発言撤回

 鳩山首相は22日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で逮捕された石川知裕容疑者(同党衆院議員)の刑事処理に関する自らの発言を撤回した。

 発言は21日夜、記者団の質問に「起訴されないことを望みたい」と答えたもの。捜査介入とも取られる発言をしては、釈明や撤回を繰り返す首相に対し、与野党で批判や不満の声が高まっている。

 22日の予算委で自民党の茂木敏充氏は「行政の長として異例の発言だ。『中立公正な捜査を』と言いながら『起訴されないことを望む』とは、明らかに矛盾している」と真意をただした。

 首相は「『捜査で無実が証明されれば良いがなあ』との思いで申し上げた。検察に介入する意図はない。もし、誤解を与えてしまうのであれば撤回する」と、自身の発言が不適切だったと認めた。

 そのうえで「多くの国民の支持で当選させていただいた議員の逮捕は遺憾だ。取り調べの結果、起訴されれば大変申し訳ない」とも語った。茂木氏は「野党の党首ではない。国のトップ、行政の長という責任感に欠けている」と改めて批判した。

 衆院予算委に先立ち、首相は22日朝、首相公邸前で記者団に「仮定の質問をされたから、そういう仮定がない方がいいと言っただけの話だ。捜査の行方を冷静に見守ることが大事であることは言うまでもない」と前夜の発言を釈明した。

|

« 融資名目、2億5000万詐取 容疑の東電元幹部ら逮捕へ | トップページ | DNA追及され再び「自白」…足利事件テープ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相、「起訴されないことを望む」発言撤回:

« 融資名目、2億5000万詐取 容疑の東電元幹部ら逮捕へ | トップページ | DNA追及され再び「自白」…足利事件テープ »