« 小沢氏、何を語るのか…きょう事情聴取 | トップページ | 小三治さん、落語協会会長に »

九州管区機動隊員、上司の暴行を苦に自殺未遂

 九州各県の警察官で編成する九州管区機動隊の早良小隊(福岡県警早良署)で昨年10月、男性隊員(巡査)が上司の小隊長(警部補)の暴行を苦に自殺を図っていたことが分かった。

 巡査は病院に搬送され、一命を取り留めた。小倉南小隊(同県警小倉南署)では、男性隊員が小隊長から繰り返し叱責(しっせき)され、うつ病状態になって病院で治療を受けていた。福岡県警は、それぞれの小隊長を除隊させ、傷害容疑などで調べている。

 捜査関係者によると、早良小隊の隊員は昨年10月6日午前、福岡市内の寮の自室で、手首を切って血を流して倒れていたところを同僚に発見された。病院で手当てを受け、その日のうちに退院。現在は除隊し、別の部署で勤務している。

 同県警監察官室が隊員に事情を聞いたところ、自殺を図る直前、小隊は長崎県に派遣されており、この隊員は移動中のバスの中で、小隊長から顔面を殴られ、唇を切った。担当していた無線機の通信がうまくいかなかったため、殴られたという。

 さらに宿泊先でも、酒を飲んでいた小隊長から胸ぐらをつかまれ、転倒させられたりしていた。隊員は「暴行が恐ろしかった」と自殺を図った動機を説明し、小隊長は「指導が行きすぎた」と話しているという。

 一方、小倉南小隊では昨年夏から同年10月頃にかけ、小隊長が隊員2人に対し、「お前なんかやめてしまえ」とどなったり、2人に荷物の見張り役を命じたりしていた。うち1人は精神状態が不安定になり、通院治療を受けたという。県警はパワーハラスメント(職権による人権侵害)とみて調べている。

 福岡県内では、早良、小倉南署を含め、計12の警察署に九州管区機動隊の小隊がある。隊員は署の総務課に所属し、皇族警護や災害救助に当たるほか、大事件の捜査にも加わる。同県警の村上正一・首席監察官は「調査中のことであり、コメントできない」としている。

|

« 小沢氏、何を語るのか…きょう事情聴取 | トップページ | 小三治さん、落語協会会長に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州管区機動隊員、上司の暴行を苦に自殺未遂:

« 小沢氏、何を語るのか…きょう事情聴取 | トップページ | 小三治さん、落語協会会長に »