« 「代替待てぬ」海兵隊、普天間滑走路を改修へ | トップページ | 押尾学容疑者、年明けにも3度目の逮捕へ »

押尾被告、年明け再逮捕へ 保護責任者遺棄疑い

 元俳優の押尾学容疑者(31)が飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=に合成麻薬MDMAを譲渡したとされる事件で、警視庁捜査1課は28日、田中さんがMDMAを服用後に異変を起こした際、119番通報するなど適切な救命措置を怠ったとして、保護責任者遺棄容疑で、年明けにも押尾容疑者を再逮捕する方針を固めた。東京地検は同日、麻薬取締法違反の罪で、押尾容疑者と、友人のネット販売業、泉田勇介容疑者(31)を起訴した。

 起訴状などによると、押尾被告は7月31日、東京都港区の六本木ヒルズの一室で、泉田被告からMDMA約10錠を譲り受け、8月2日、同じ部屋で田中さんにこのMDMAの一部を譲り渡したとされる。

 田中さんは押尾被告と一緒にMDMAを服用した後、手をけいれんさせるなど異変を起こし、急性MDMA中毒で死亡した。押尾被告は関係者に電話やメールで連絡したが、自ら119番通報はしなかった。

 泉田被告が押尾被告へのMDMA譲渡を認めていることなどから、捜査1課は田中さんの死亡につながったMDMAを押尾被告が用意したことが裏付けられたと判断。押尾被告は田中さんに対して保護責任があったにもかかわらず、適切な救命処置を行わなかったことは保護責任者遺棄容疑に当たるとして、立件する方針を固めた。

 一方、地検は28日、田中さんの携帯電話を捨てた証拠隠滅罪で、元マネジャーの男(28)を略式起訴し、東京簡裁は同日、罰金20万円の略式命令を出した。

|

« 「代替待てぬ」海兵隊、普天間滑走路を改修へ | トップページ | 押尾学容疑者、年明けにも3度目の逮捕へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 押尾被告、年明け再逮捕へ 保護責任者遺棄疑い:

« 「代替待てぬ」海兵隊、普天間滑走路を改修へ | トップページ | 押尾学容疑者、年明けにも3度目の逮捕へ »