« 痴漢対策カメラ設置、JR埼京線で試験運行 | トップページ | 年末年始は強い冬型、日本海側では大雪 »

年末年始は強い冬型、日本海側では大雪

 気象庁は28日、年末年始の天気予報を発表した。

 低気圧が北海道付近で急速に発達する影響で、31日から1月2日にかけて、冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が日本付近に流れ込む見通し。

 この期間は、北日本や東日本を中心に荒れ模様の天気となり、日本海側では大雪に。太平洋側では晴れ間はのぞくものの、暴風に見舞われる恐れもあるという。30日から31日にかけては急激な天候の悪化と気温の低下が予想され、同庁では海上の船舶や登山者への警戒を呼びかけている。

 初日の出は、太平洋側では見られる可能性があり、「特に関東周辺や九州南部は条件が良い」としている。

|

« 痴漢対策カメラ設置、JR埼京線で試験運行 | トップページ | 年末年始は強い冬型、日本海側では大雪 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始は強い冬型、日本海側では大雪:

« 痴漢対策カメラ設置、JR埼京線で試験運行 | トップページ | 年末年始は強い冬型、日本海側では大雪 »