« 上戸彩、結婚質問は「いい加減にして〜」 | トップページ | 首相、贈与税6億円納付を明言 幕引き狙うも与党は困惑 »

亀井氏、天皇陛下に皇居移転薦めた会話内容暴露

 国民新党代表の亀井金融相が27日、皇居で24日に行われた宮中昼食会の際の天皇陛下との会話の内容を明かす一幕があった。

 皇居を京都府か、亀井氏の地元・広島県に移すよう進言したというもので、閣僚が天皇との会話の内容を公にするのは極めて異例だ。

 宮中昼食会の様子を語ったのは27日のテレビ朝日の番組。「天皇の政治利用」だとする批判が出た先の習近平・中国国家副主席との会見を巡る議論の流れの中で、亀井氏は「恐れ多くも陛下に申し上げたのは『権力の象徴だった江戸城にお住まいになられるのではなく、京都か広島に住まわれてはいかがでしょうか。お城にお住まいになるのは、立場上ふさわしくないのではありませんか』と。私から一方的に申し上げた」と述べた。番組終了後には記者団に「天皇陛下は『私は京都は好きです』と言っておられたが、広島は好きですとまでは言っておられないが」とも語った。

|

« 上戸彩、結婚質問は「いい加減にして〜」 | トップページ | 首相、贈与税6億円納付を明言 幕引き狙うも与党は困惑 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亀井氏、天皇陛下に皇居移転薦めた会話内容暴露:

« 上戸彩、結婚質問は「いい加減にして〜」 | トップページ | 首相、贈与税6億円納付を明言 幕引き狙うも与党は困惑 »