« 歴史共同研究を継続へ=日中、南京事件など隔たり | トップページ | <小島よしお>小野真弓に告白失敗? BeeTV「絶対にやってはいけない」で »

「助けて」と中から悲鳴=黒い煙、大きな音…−東京・荒川の住宅火災

 「助けて」と響く悲鳴、立ち上る煙−。東京都荒川区で24日、2人が死亡、2人が意識不明となった岩下順英さん(81)宅の火災で、近隣住民らは直後の状況をおびえた様子で語った。
 近所の家事手伝いの女性は出火直後、現場に駆け付けた。「ボン、ボンと大きな音がしたので、事件があったのかと思って外に出た。家の中からは男女の『助けて、助けて』という声が聞こえた」と驚いた様子で話した。
 岩下さん宅の斜め向かいに住む主婦田村良子さん(67)は「消防車が来たのでびっくりして外を見ると、真っ黒な煙がもうもうと上がって、火の粉が見えた。足がすくんでしまった」と語った。
 田村さんによると、岩下さん夫婦は自宅の1階で以前は毛糸販売店を経営し、その後洋服店となったという。
 田村さんは、岩下さんの妻美恵子さん(76)について「足が不自由だったので、家の中は手すりや壁を伝って歩いていた。明るくておしゃれで、きれいな奥さんだった」と話した。
 別の主婦(76)は「美恵子さんは以前、編み物教室をしていて、みんなに『先生』と呼ばれ慕われていた」と言葉を詰まらせた。
 現場周辺には発生直後からやじ馬ら50人以上が集まり、騒然となった。 

|

« 歴史共同研究を継続へ=日中、南京事件など隔たり | トップページ | <小島よしお>小野真弓に告白失敗? BeeTV「絶対にやってはいけない」で »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「助けて」と中から悲鳴=黒い煙、大きな音…−東京・荒川の住宅火災:

« 歴史共同研究を継続へ=日中、南京事件など隔たり | トップページ | <小島よしお>小野真弓に告白失敗? BeeTV「絶対にやってはいけない」で »