« 首相動静(12月30日) | トップページ | ケイン・コスギ、11月に結婚したことを発表!お相手は香港出身の3歳年下の女性 »

<報告漏えい>事故調委員長面会、委員がJR西前社長に促す

 JR福知山線脱線事故(05年4月)の調査報告書漏えい問題で、航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委)の山口浩一元委員がJR西日本の山崎正夫前社長に対し、事故調の後藤昇弘(のりひろ)委員長との面会を働きかけていたことが分かった。JR西側の主張を直接訴えるよう促していたらしい。面会は実現しなかったというが、事故調側からの不正な働きかけが判明したことで、調査の正当性が改めて問われることになりそうだ。

 山口元委員は旧国鉄OB。関係者によると、山口元委員は07年3〜4月、山崎前社長との仲介役になっていたJR西幹部らに複数回にわたってメールを送信し、後藤委員長を「山崎社長(当時)と東京大(工学部航空学科)の同級生」「気さくでざっくばらんな方」と紹介。「JR西の運転士は速度超過が当たり前という印象がある」とした後藤委員長の会議での発言を取り上げ、「直接説明するか、書面を渡してもいい」「JR西の現況などを吹き込んだらどうか。同級生の関係をフルに活用していい」などと、後藤委員長との接触を勧めていたらしい。

 山口元委員は毎日新聞の取材に「山崎前社長を支援しようと思った」と働きかけを認め、面会の実現は「後藤委員長から断られた」と否定した。【鳴海崇】

|

« 首相動静(12月30日) | トップページ | ケイン・コスギ、11月に結婚したことを発表!お相手は香港出身の3歳年下の女性 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <報告漏えい>事故調委員長面会、委員がJR西前社長に促す:

« 首相動静(12月30日) | トップページ | ケイン・コスギ、11月に結婚したことを発表!お相手は香港出身の3歳年下の女性 »