« 立川談志、療養長引く 1月の復帰予定を延期 | トップページ | 年末年始は強い冬型、日本海側では大雪 »

痴漢対策カメラ設置、JR埼京線で試験運行

 JR埼京線の痴漢対策に防犯カメラが設置された車両が28日夕から、試験運行をスタートした。

 運行開始に先立ち、JR東日本はこの日、埼玉県川越市内でカメラの設置された車両を報道関係者に公開。上り線では最後尾となる車両の天井(高さ約2メートル)に取り付けられたカメラは金属製カバーで覆われており、2台で周辺2〜3メートルの範囲を撮影できるという。

 カメラ付き車両は、1日あたりの平均で同線を5往復程度走る見込み。同社は来年1月下旬以降に、別の電車1本にもカメラ4台を設置し、効果を検証する。

|

« 立川談志、療養長引く 1月の復帰予定を延期 | トップページ | 年末年始は強い冬型、日本海側では大雪 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痴漢対策カメラ設置、JR埼京線で試験運行:

« 立川談志、療養長引く 1月の復帰予定を延期 | トップページ | 年末年始は強い冬型、日本海側では大雪 »