« 前原国交相、高速上限制の採用を表明 車種別に料金設定 | トップページ | 上戸彩、結婚質問は「いい加減にして〜」 »

前原国交相、高速上限制の採用を表明 車種別に料金設定

 前原誠司国土交通相は27日、来年6月をメドに、新たに高速道路料金に上限を設ける制度を導入する考えを明らかにした。フジテレビの報道番組に出演後、報道陣に答えた。

  [フォト] 橋下知事は「梅田−関空リニア」構想をぶち上げたが…

 新制度は軽自動車、普通車、トラックの車種ごとに上限を設定する。地域や曜日による区別は行わず、首都高道路速と阪神高速道路を除き全国で実施する。

 具体的な料金設定など詳細は平成22年1月に発表し、一部路線で実施する高速料金無料化に向けた「社会実験」とあわせ、来年6月にスタートする方針だ。

 新制度の導入に伴い、自動料金収受システム(ETC)に限定して「休日は上限千円」「通勤時間は50%割引」といった現行の割引制度は廃止する。

 前原国交相はまた、番組の中で、羽田空港への東海道新幹線乗り入れを検討していることを明らかにした。同年10月に第4滑走路の供用が始まり、国際線が増える羽田空港の利便性向上が狙い。

 ただ、JR東海側は東京駅や品川駅の混雑状況などを理由に、「難しい」と回答したという。前原国交相は「あきらめたわけではない」と語り、引き続き検討していく考えを示した。

|

« 前原国交相、高速上限制の採用を表明 車種別に料金設定 | トップページ | 上戸彩、結婚質問は「いい加減にして〜」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前原国交相、高速上限制の採用を表明 車種別に料金設定:

« 前原国交相、高速上限制の採用を表明 車種別に料金設定 | トップページ | 上戸彩、結婚質問は「いい加減にして〜」 »