« 仕分けの舞台も「不要資産」、国に現物納付へ | トップページ | ケイン結婚!香港出身の美人中国人女性と »

仕分けの舞台も「不要資産」、国に現物納付へ

 行政刷新会議による「事業仕分け」の舞台となった独立行政法人・国立印刷局職員用体育館が、来年春にも「不要資産」として国へ「現物納付」されることになった。

 敷地面積は約1万5000平方メートルで、土地の簿価は97億円。政府は跡地を公共施設として活用する方針だが、建物を取り壊すかどうかも含め、使い道は決まっていない。

 印刷局を所管する財務省は、当初、独立行政法人の整理合理化の一環として売却し、収入を国庫に納付させて、政府予算の財源に充てることを検討していた。

 しかし、内閣衛星情報センターや防衛省に隣接していることから、「民間に売却してマンションなどが建つと情報管理上も好ましくない」(政府筋)として、現状のまま国へ納付させることにした。

|

« 仕分けの舞台も「不要資産」、国に現物納付へ | トップページ | ケイン結婚!香港出身の美人中国人女性と »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕分けの舞台も「不要資産」、国に現物納付へ:

« 仕分けの舞台も「不要資産」、国に現物納付へ | トップページ | ケイン結婚!香港出身の美人中国人女性と »