« 九州ブルル 31日雪の恐れも | トップページ | ケイン結婚!香港出身の美人中国人女性と »

ニイウスコー 680億円粉飾で捜査へ 循環取引、売り上げ水増し

 三菱東京UFJ銀行のシステム統合業務にかかわった情報システム会社「ニイウスコー」(東京)が、平成19年6月期までの5年間の決算を粉飾していた疑いが強まり、検察当局と証券取引等監視委員会は30日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで、来年1月中旬にも、旧経営陣の数人について本格捜査に乗り出す方針を固めたもようだ。

 関係者によると、同社は実際には商品を動かさず、伝票上だけで売買したことにする「循環取引」を行い、売り上げを水増ししていた疑いが持たれている。総売上高を多く見せかけて、金融機関の融資を引き出したり、株の新規発行を有利にしようとしたとみられる。

 不正は計56の取引で行われ、粉飾額は総額682億円にのぼるとみられる。循環取引の手口は、リース契約を悪用したものや、売り上げを先行計上した後、受注に失敗し、買い戻したことにする方法などだったという。また、見せかけの売上高に基づき株主に配当していた会社法(旧商法)違反(違法配当)の疑いも浮上している。

 同社とグループ会社の「ニイウス」は20年4月、東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、事実上倒産した。

 同社はシステムの開発と販売を目的に日本IBMと野村総合研究所の金融システム部門が中心となって4年に設立。10年には商号を「ニイウス」と変更。14年4月に東証2部へ上場し、15年6月には1部銘柄となり、17年6月期は売上高が約720億円にのぼった。18年に同社が持ち株会社となり、事業はニイウスが担ったが、医療関連事業で失敗した。

 19年6月期の連結決算では売上高が約600億円だったのに対し、約300億円の最終赤字を計上、約40億円の債務超過に陥った。同年11月、200億円規模の第三者割当増資を行って債務超過を解消する一方、東証2部に指定替えとなり、当時の経営陣が退陣した。

 20年4月、同社は粉飾決算の疑いを公表。同年6月期の中間決算の発表を延期したため、再び信用不安が拡大し、中間決算を期限の3月末までに提出できなかったことから、監理ポスト入りとなっていた。負債はニイウスコーが約408億円で、ニイウスが約732億円だった。

                   ◇

【用語解説】循環取引

 商品を実際には動かさずに伝票上だけで複数の企業間で転売し、最終的に元の企業が買い戻した形にする架空取引。売り上げの水増しが容易だが、中間マージンが上乗せされて販売価格より高値で買い戻すことになり、取引を繰り返せば損失が拡大する。新興市場は成長性が重視されるため、IT企業の粉飾決算に悪用されるケースが多い。金融商品取引法(旧証券取引法)違反(有価証券報告書の虚偽記載)罪に当たり、平成20年には情報システム会社「アイ・エックス・アイ(IXI)」の元社長らが大阪地検特捜部に同罪で起訴され、有罪判決を言い渡された。

|

« 九州ブルル 31日雪の恐れも | トップページ | ケイン結婚!香港出身の美人中国人女性と »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニイウスコー 680億円粉飾で捜査へ 循環取引、売り上げ水増し:

« 九州ブルル 31日雪の恐れも | トップページ | ケイン結婚!香港出身の美人中国人女性と »