« 列車が除雪車に衝突、十数人が病院へ…富良野駅 | トップページ | <陸山会不透明会計>99年にも不記載 不動産購入の借入金 »

大久保被告「土地探しただけ」=取引関与を否定−「やましいところない」・石川議員

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐり、4億円以上が政治資金収支報告書に記載されていなかった問題で、会計責任者だった小沢氏の公設第1秘書大久保隆規被告(48)=公判中=が周辺関係者に、「土地探しをしたが、取引にはかかわっていない」と、関与を否定していることが28日、分かった。
 東京地検特捜部は、大久保被告に任意聴取を要請しており、同被告側は年明けの1月上旬に聴取に応じ、同様の説明をする考えとみられる。
 聴取結果を受け、特捜部は大久保被告と同会事務担当だった民主党の石川知裕衆院議員(36)らについて、来年1月召集の通常国会開会までに、政治資金規正法違反罪での立件の可否を判断する方針。
 関係者によると、大久保被告は「土地を探した後に引き継いだため、その後の取引にはかかわっていない。契約には同席しておらず、資金の流れについては知らない」などと話しているという。
 一方、27日に特捜部の任意聴取を受けた石川議員は28日午後、地元の北海道帯広市内で記者団の取材に応じ、「記憶にある限りのことを話してきた。やましいところはない」と述べた。 

|

« 列車が除雪車に衝突、十数人が病院へ…富良野駅 | トップページ | <陸山会不透明会計>99年にも不記載 不動産購入の借入金 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大久保被告「土地探しただけ」=取引関与を否定−「やましいところない」・石川議員:

« 列車が除雪車に衝突、十数人が病院へ…富良野駅 | トップページ | <陸山会不透明会計>99年にも不記載 不動産購入の借入金 »