« ATM男、3度目逮捕へ=別の強盗致傷事件で追起訴−千葉大生殺害 | トップページ | 痴漢対策カメラ設置、JR埼京線で試験運行 »

立川談志、療養長引く 1月の復帰予定を延期

 病気療養中の落語家、立川談志さん(73)の所属事務所は28日、談志さんの回復が遅れているため、来年1月としていた仕事の復帰時期を遅らせて、治療と静養に専念することを明らかにした。

 事務所からマスコミ各社に届いたFAXによると、談志さんは今年8月に「糖尿病のため約3カ月の治療を要する」と診断されたため、年内中のすべての仕事をキャンセルして自宅で療養してきた。しかし、当初の見通しより回復が遅れており、今後、入院治療する可能性も高いため、来年1月の復帰は難しいと判断したという。

 立川談志さんのコメント「立川談志、生まれてはじめて長期にわたる病気で患っています。予定通り年内休養のはずが、ずれ込んで辛い日々を送っています。病名は糖尿病と医者は言います。また、元気が出てきたら、たまには談志の顔を見に来て下さい」

|

« ATM男、3度目逮捕へ=別の強盗致傷事件で追起訴−千葉大生殺害 | トップページ | 痴漢対策カメラ設置、JR埼京線で試験運行 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立川談志、療養長引く 1月の復帰予定を延期:

« ATM男、3度目逮捕へ=別の強盗致傷事件で追起訴−千葉大生殺害 | トップページ | 痴漢対策カメラ設置、JR埼京線で試験運行 »