« 予約キャンセル1万人以上…伊豆群発地震 | トップページ | 野村克也氏に単独インタビュー!74歳、仕事を続ける理由は「サッチーの大豪邸に住む夢をかなえるため」 »

ケーブルカルテル、3社に排除命令へ 公正取引委員会

 電力会社向けの高圧電流ケーブルでメーカー3社がカルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は24日、独占禁止法違反(不当な取引制限)で排除措置命令と課徴金納付命令を出す方針を固め、3社に事前通知した。公取委は今年1月に立ち入り検査した際、フランスとイタリアのメーカーを含む5社による国際カルテルの疑いを持っていたが、今回の命令では国際カルテルの認定には至らなかった。課徴金の総額は3社で計約6億円とみられる。

 命令を受けるのは、「ジェイ・パワーシステムズ」(東京都港区)と「エクシム」(同)、「ビスキャス」(品川区)。

 関係者によると、3社は遅くとも平成17年以降、東京電力や関西電力などの電力会社が発注する特別高圧電線の一般競争入札の際、営業担当者が会社の会議室などに集まり、各電力会社ごとの落札者を、事前に話し合いで決めていた疑いが持たれている。

 特別高圧電線は、電力会社の発電所から変電所を結ぶ地上の電線や海底ケーブル、地中に埋設するケーブル。3社は「順番に落札する」などのルールを決めた上で、受注ごとに事前に落札者を決めていたという。欧州の現地当局は、調査を続けているとみられる。

|

« 予約キャンセル1万人以上…伊豆群発地震 | トップページ | 野村克也氏に単独インタビュー!74歳、仕事を続ける理由は「サッチーの大豪邸に住む夢をかなえるため」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケーブルカルテル、3社に排除命令へ 公正取引委員会:

« 予約キャンセル1万人以上…伊豆群発地震 | トップページ | 野村克也氏に単独インタビュー!74歳、仕事を続ける理由は「サッチーの大豪邸に住む夢をかなえるため」 »