« ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー) | トップページ | ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー) »

覚せい剤の密輸入摘発、過去最高の81件

 東京税関が今年1〜9月に摘発した覚せい剤の密輸入の件数が、前年同期比3・7倍増の81件となり、過去最高となったことがわかった。

 押収量も約97キロと前年同期の4・5倍に及んだ。

 同税関のまとめによると、今年の摘発件数は9月末現在、すでに昨年1年間の66件を上回った。

 同税関で、「昨年秋以降、北九州市の門司港や高知県内で大量の覚せい剤が押収され、従来のコンテナ船などを使った大型密輸から、所持品の中に隠すなど、密輸の小口分散化が進んでいる」と分析している。スーツケースを二重底に工作するほか、ゴム状の小さな袋に入れてのみ込んで密輸するケースが目立っているという。

|

« ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー) | トップページ | ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覚せい剤の密輸入摘発、過去最高の81件:

« ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー) | トップページ | ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー) »