« タレントの亀山房代さん死去 42歳 | トップページ | 覚せい剤持参の邦人女性、有罪なら死刑…マレーシア »

事故で手話不自由、後遺症を「言語障害」と認定

 乗用車にはねられた後遺症で手話が不自由になったとして、聴覚障害のある名古屋市中川区の60歳代の主婦が、車を運転していた愛知県海部郡の男性を相手に約2600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、名古屋地裁であった。

 徳永幸蔵裁判官は「手話は健常者の言語にあたる意思疎通の伝達手段であり、後遺障害として扱うのが相当だ」として、男性に約1200万円の支払いを命じた。原告側の田原裕之弁護士は「手話の障害を言語障害と認めた判決は、全国でおそらく初めて」と話している。

 判決によると、主婦は2004年7月、横断歩道を歩いて渡っていて車にはねられ、肋骨(ろっこつ)や鎖骨を骨折。利き手の左手首に後遺症が残ったため、手話が不自由になった。ところが、自賠責保険の算定基準では手話の機能障害を「言語障害」と認定する仕組みがなく、「関節の機能障害」などしか認められなかった。

 判決は「利き手に動かない部分があり、手話に影響が及んでいる」として、言語障害を認めた。一方、「手話で意思疎通ができており、著しい障害とまで認められない。失われた能力は約14%」と認定した。

|

« タレントの亀山房代さん死去 42歳 | トップページ | 覚せい剤持参の邦人女性、有罪なら死刑…マレーシア »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事故で手話不自由、後遺症を「言語障害」と認定:

« タレントの亀山房代さん死去 42歳 | トップページ | 覚せい剤持参の邦人女性、有罪なら死刑…マレーシア »