« 【華流】アンディ、結婚話をしないのはファン離れが怖いから!? | トップページ | <居酒屋火災>避難口近くに座布団 非常階段使われず »

ダクトの油に引火か 非常階段前に座布団山積み 高円寺ビル火災

 東京都杉並区高円寺南のビル2階の居酒屋「石狩亭」で4人が死亡した火災は、出火元の厨房(ちゅうぼう)のダクトなどに付着した油に引火して、燃え広がった疑いがあることが23日、捜査関係者への取材で分かった。一方、店の非常階段は扉の前に座布団が積まれるなど使用困難な状態だった疑いも判明。警視庁捜査1課は火災発生時の状況を調べるとともに、防火管理が適切だったか関係者から事情を聴いている。

  [フォト]警察や消防による現場検証が始まった

 捜査1課の調べで、死亡したのは、別の飲食店の従業員で、客として訪れていた竹井努さん(31)=北区東十条、明田大悟さん(30)=杉並区高井戸東=、石狩亭従業員の黒河裕介さん(43)=埼玉県伊奈町=と判明。残る1人は同店従業員の草野雄二さん(60)=東京都杉並区=とみて確認を急いでいる。黒河さんが当時、焼き物を調理していたとみられる。

 捜査1課などの調べでは、調理中の焼き物から火が出て、コンロにたまった油に引火。火柱となってダクトや壁の油に燃え移っていったとみられる。

 一方で従業員が火に水をかけたり、ぬらしたおしぼりで消火を試みたとする証言もあり、高温の油に水をかけた場合に水分が膨張する「水蒸気爆発」を起こした可能性もある。

 店の天井に張られた装飾布に次々と延焼し煙が充満したとみられ、司法解剖の結果、4人の死因は一酸化炭素中毒だった。このうち客だった竹井さんと明田さんは飲食していた座敷で倒れていた。

【関連:高円寺ビル火災】
新たに1人の身元判明 店の43歳男性従業員
死亡の2人は火元から離れた座敷で飲食
60歳の男性客が消火試みる
「あんないい人が…」言葉失う同僚ら
「早く逃げろ!」階段に殺到、窓から飛び降り…

|

« 【華流】アンディ、結婚話をしないのはファン離れが怖いから!? | トップページ | <居酒屋火災>避難口近くに座布団 非常階段使われず »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダクトの油に引火か 非常階段前に座布団山積み 高円寺ビル火災:

« 【華流】アンディ、結婚話をしないのはファン離れが怖いから!? | トップページ | <居酒屋火災>避難口近くに座布団 非常階段使われず »