« 足利事件「自白」テープ再生へ、担当検事も証人尋問 | トップページ | 「イエメンに戻りたい」解放から一夜、真下さん決意 »

足利事件「自白」テープ再生へ、担当検事も証人尋問

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件の再審第2回公判は24日午後も宇都宮地裁で続き、佐藤正信裁判長は、検事が菅家利和さん(63)を取り調べた録音テープを法廷で再生する証拠調べと、取り調べを担当した森川大司・元検事の証人尋問を来年1月21、22日の公判で実施すると決定した。

 冤罪(えんざい)の原因検証を求める弁護団の主張を大幅に受け入れた格好で、無罪を前提とした再審では極めて異例の決定だ。

 別の幼女殺害事件2件を取り調べた際のテープで今年8月、宇都宮地検に12本、栃木県警に3本あると判明。このうち、地検の取り調べで足利事件に触れた4本を証拠採用した。足利事件の1審途中の92年12月のテープでは、菅家さんは足利事件と別の2件への関与を否認したが、直後にDNA型鑑定を示す森川検事から追及され、再び自白した。別の2件で、菅家さんは嫌疑不十分で不起訴となった。弁護団は「こうした取り調べが、自白を導いた」とテープ再生などを主張。検察側は「早期に無罪を言い渡すために不必要」としていた。

 24日の公判では、再審開始の決め手となったDNA型再鑑定をした検察、弁護側双方の鑑定人が、91年に菅家さんが逮捕された当時の警察庁科学警察研究所の旧鑑定の信用性について、ともに否定的な証言をした。

|

« 足利事件「自白」テープ再生へ、担当検事も証人尋問 | トップページ | 「イエメンに戻りたい」解放から一夜、真下さん決意 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足利事件「自白」テープ再生へ、担当検事も証人尋問:

« 足利事件「自白」テープ再生へ、担当検事も証人尋問 | トップページ | 「イエメンに戻りたい」解放から一夜、真下さん決意 »