« 事故で手話不自由、後遺症を「言語障害」と認定 | トップページ | 事故で手話不自由、後遺症を「言語障害」と認定 »

タレントの亀山房代さん死去 42歳

 吉本興業所属の人気タレント、亀山房代(かめやま・ふさよ)さんが23日、心室細動のため、神奈川県内の病院で死去したことが分かった。42歳だった。葬儀・告別式は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く。

 相愛女子短期大学に在学中、吉本興業でアルバイトをしていたときに、上司から「タレントに向いている」とすすめられ、昭和61年、NSC(新人養成所)に入り、卒業後は「心斎橋筋2丁目劇場」を中心に活動。毎日放送「4時ですよ〜だ」などテレビにもレギュラー出演した。

 漫才コンビ「ザ・ぼんち」を解散した里見まさとさんに誘われ、平成元年、漫才コンビ「里見まさと・亀山房代」を結成、実力派漫才コンビとして評判となり、平成10年、上方漫才大賞を受賞した。

 13年に結婚、妊娠したためコンビを解散。産休から復帰した後は、テレビ番組のコメンテーターや性教育に関する講演などで活躍していた。

|

« 事故で手話不自由、後遺症を「言語障害」と認定 | トップページ | 事故で手話不自由、後遺症を「言語障害」と認定 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タレントの亀山房代さん死去 42歳:

« 事故で手話不自由、後遺症を「言語障害」と認定 | トップページ | 事故で手話不自由、後遺症を「言語障害」と認定 »