« <まねきねこダックのうた>クリスマスバージョン 25日から配信限定発売 | トップページ | 首相の別団体も虚偽記載、母・姉から600万円分 »

首相の別団体も虚偽記載、母・姉から600万円分

 鳩山首相の関連政治団体「北海道友愛政経懇話会」(室蘭市)が、鳩山首相の実母と実姉から年間150万円ずつ献金を受けていたにもかかわらず、政治資金収支報告書に記載していなかったことが、関係者の話でわかった。

 東京地検特捜部は、同会から会計帳簿の提出を受け、会計担当者から事情を聞いており、資金管理団体の偽装献金問題を含め首相の関連政治団体全体を視野に、ずさんな経理処理の実態解明を進めている。

 北海道友愛政経懇話会の収支報告書によると、鳩山首相の母と姉は2004年に、個人が1団体に寄付できる年間上限額である150万円をそれぞれ献金したが、05年以降は記載がない。

 ところが関係者によると、同会は05年以降も、鳩山首相の母と姉から各年間150万円の献金を受けたにもかかわらず、鳩山事務所側の判断で記載しなかったという。隠した献金の額は、少なくとも2年間で計600万円に上る。これらの献金は、鳩山家の資産管理会社「六幸商会」(東京都港区)から口座振り込みで行われていた。

 献金を記載しなくなったきっかけは、一部の報道で、同会を含む鳩山首相の関連3団体が、母と姉からそれぞれ上限額の寄付を受けていたことが、個人献金の量的制限を免れる「脱法行為」だと批判されたことだったといい、偽装献金問題で刑事告発されている鳩山首相の元公設第1秘書(59)(解任)も了承していたという。

 取材に対し鳩山事務所は弁護士を通じ、「(友愛政経懇話会が)捜査中であり、個々の事項については一切お答えを差し控えさせていただきます」と回答した。

|

« <まねきねこダックのうた>クリスマスバージョン 25日から配信限定発売 | トップページ | 首相の別団体も虚偽記載、母・姉から600万円分 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相の別団体も虚偽記載、母・姉から600万円分:

« <まねきねこダックのうた>クリスマスバージョン 25日から配信限定発売 | トップページ | 首相の別団体も虚偽記載、母・姉から600万円分 »