« 処分歴ある社保庁職員、厚労省が一部を採用へ | トップページ | 森繁久彌さんに国民栄誉賞…史上18人目、年内にも正式決定 »

130m引きずった車発見、少年数人逮捕へ

 大阪府泉大津市で9月、車上狙い犯とみられる男らの逃走車両にしがみついた会社員中野新吾さん(30)が約130メートル引きずられ重傷を負った事件で、府警泉大津署が、事件に使われた軽ワゴン車を堺市内で発見、押収していたことがわかった。

 車体前部から、中野さんの指紋が検出された。府警は、軽ワゴン車を日常的に使用していた少年グループが事件に関与した疑いが強いとして、25日にも数人を強盗殺人未遂容疑で取り調べる方針を固めた。容疑が固まり次第、逮捕する。

 事件は9月13日午前3時15分頃、泉大津市松之浜町の路上で発生。中野さんは、自宅に隣接する駐車場に止めていた自分の車の警報装置が作動したため、外に出たところ、急発進する黒い軽ワゴン車を目撃。車前部にしがみつき、約130メートル引きずられた後、振り落とされた。路上には折れたワイパーが落ちていた。

 付近の住民らの目撃証言によると、軽ワゴン車に乗っていたのは若い男数人で、逃げる直前まで駐車場内の車を物色していたという。中野さんの車を含め3台が窓ガラスを割られており、一部にはカーナビを取り外そうとした形跡もあった。

 捜査関係者によると、府警は、遺留品のワイパーや、現場付近の防犯カメラ映像などから、逃走車の車種を特定。該当車両を捜したところ、堺市内で前部がへこんだ軽ワゴン車を発見した。

 ワイパーは取り換えられていたが、検証の結果、車体の前部から中野さんの指紋が検出されたほか、底部からも中野さんのものとみられる血痕や衣服の切れ端が見つかり、犯行車両と断定した。

 所有者の男性は府警の事情聴取に対し、「普段は息子が乗り回している」と説明。事件当時も同様だったといい、府警は、息子と友人の少年数人が事件にかかわった疑いがあるとの見方を強めている。

 中野さんは、引きずられた際に背部の皮膚が大きく削られて皮膚移植が必要で、現在も入院中。家族は10月下旬、読売新聞の取材に、「手の骨折や頭骨の損傷もあり、傷が完全に治ることはないだろう。命があったのは幸いだが、なぜこんなことになってしまったのか……。一日も早く解決してほしい」と話していた。

 府警によると、府内の車上狙いは昨年まで16年連続で全国ワースト1を記録している。

|

« 処分歴ある社保庁職員、厚労省が一部を採用へ | トップページ | 森繁久彌さんに国民栄誉賞…史上18人目、年内にも正式決定 »

コメント

この事件に関わっていた少年の一人なんです。
本当に今な事になってしまった事心から申し訳なく思っています。
息子は、その時少年であったので逮捕され約半年間警察署の留置生活をしました。私の息子は関空署だったので、毎日電車に乗って面会差し入れを続けました、少年達それぞれ違う留置に別けられ近くの方もいましたが、内の場合遠くなり、毎日雨の日も寒い時期だったのですが関空で降りて関空署迄真っ直ぐ真っ直ぐ心が辛く涙して毎日通いました。その後審判の日が来て少年刑でわ一番最高刑の相当長期五年の勧告付きと決まりました。
特別少年院で近畿以外遠方となり、岡山県でした。
愛知の方もいました。
奈良、播間、宇治と決まりました。
何とか仮退院を迎えました少年院の中で成人式をしました。
今な事の無い様に母親として願って居るのですが
毎日心が落ち着かない日々を送っています。
被害者の方には、取り返しのできない事にお詫びの仕様もありません。
この事件に関わった少年達の親子達みんな同じ思いでいます、皆様方本当にすみませんでした。

投稿: 苦しむ母 | 2012年5月22日 (火) 00時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 130m引きずった車発見、少年数人逮捕へ:

« 処分歴ある社保庁職員、厚労省が一部を採用へ | トップページ | 森繁久彌さんに国民栄誉賞…史上18人目、年内にも正式決定 »