« 覚せい剤の密輸入摘発、過去最高の81件 | トップページ | ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー) »

ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー)

 株式会社セキュアスカイ・テクノロジーは11月5日、「脆弱性の有無」「不正アクセス実態」「情報資産の重要度」の3つの観点からWebサイトを調査し、Webサイトから情報漏えいが起きるリスクの大きさを5段階評価する「Webサイト情報漏えいリスク調査サービス」開始した。

 同サービスは、自社Webサイトにどんなセキュリティの穴があるかを知る「脆弱性診断」、実際に自社がどんな攻撃を受けているかを知る「不正アクセス実態」、そしてWebサイトで取り扱う重要情報のランクづけを行うことで、リスクの大きさを5段階評価し、対策の優先度を明確にできるのが特徴。

 脆弱性診断では、注文フォーム等の攻撃されやすいページ10件を選定することで調査期間を短くする。また、不正アクセス実態の調査では、アプライアンス型ではなくSaaS型のWAFサービスを使うことでコストを抑える。

 調査期間は、脆弱性診断に2日間、Webサイト攻撃実態調査に1か月間を要し、サービス料金は500,000円、2010年12月までに100社の受注を目指す。


【関連リンク】
Webサイト情報漏えいリスク調査サービスを提供開始

うひゃひゃひゃひゃ

|

« 覚せい剤の密輸入摘発、過去最高の81件 | トップページ | ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー):

« 覚せい剤の密輸入摘発、過去最高の81件 | トップページ | ECサイトなどの個人情報漏えいの危険度を5段階評価するサービス開始(セキュアスカイ・テクノロジー) »