« <国民新>郵政の資金運用を見直し 提言の骨格を公表 | トップページ | 備蓄米16万トン買い入れへ=価格下落に歯止めも−農水省 »

備蓄米16万トン買い入れへ=価格下落に歯止めも−農水省

 農林水産省は26日、政府備蓄米を12月に16万トン買い入れる方針を明らかにした。今年は供給過剰による米価下落が懸念されていたが、一定の歯止めとなりそうだ。同日開かれた「食料・農業・農村政策審議会食糧部会」で担当者が説明した。
 政府備蓄の適正水準は100万トン。これに対し、実際の備蓄量は10月末時点で84万トンにとどまっており、同省は「備蓄を適正水準に戻すための措置」(食糧部)としている。 

|

« <国民新>郵政の資金運用を見直し 提言の骨格を公表 | トップページ | 備蓄米16万トン買い入れへ=価格下落に歯止めも−農水省 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備蓄米16万トン買い入れへ=価格下落に歯止めも−農水省:

« <国民新>郵政の資金運用を見直し 提言の骨格を公表 | トップページ | 備蓄米16万トン買い入れへ=価格下落に歯止めも−農水省 »