« Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 | トップページ | Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 »

大麻入手「できると思う」3割超…関西の4大学

 関西大、関西学院大、同志社大、立命館大は29日、今春入学の1年生を対象に行った「薬物に関する意識調査」(有効回答1万9313人)の結果を発表した。

 大麻を使用する現場を「見たことがある」と答えたのは700人(3・7%)に上り、大麻入手について3割超が「可能と思う」と回答。大学生の身近に薬物が潜む実態が浮き彫りとなり、各大学は「考えていた以上に危険な状況で、新たな薬物乱用防止策に取り組む」としている。

 昨年以降、関西大の学生2人が大麻を売買するなどして逮捕され、同志社大、関学大、立命大でも薬物の所持などで逮捕者が出た。こうした事態を受け、4大学は薬物乱用防止連絡会を設け、今年4〜5月に合同で調査を実施した。

 大麻の入手の難しさの設問(3大学で調査)は、「少々苦労するが何とか手に入る」の回答が3200人と2割を超え、「簡単に手に入る」も1447人で1割弱あった。使用については「個人の自由」を1454人(7・7%)、「一回くらいなら構わない」を106人(0・6%)が選択。大麻の印象として804人(4・2%)が「気持ちよくなる」を選んだ。

 友人の大麻使用を知った場合、7割が「やめるよう説得」「通報」などを選ぶ一方、1割の1889人が「個人の自由なので放っておく」と回答。使用を勧められたら、「断れないかもしれない」とした人が1166人(6・2%)いた。

 4大学は集計結果を踏まえ、薬物をテーマとした講座を共通科目に盛り込むなど再発防止教育を強化する方針。集計を担当した関西大学長室の川原哲夫次長は「学生を取り巻く環境は、大学側が思う以上に危うい状況にある。自由や自己責任をはき違えて薬物に走らないよう、しっかり啓発したい」と話している。

|

« Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 | トップページ | Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大麻入手「できると思う」3割超…関西の4大学:

« Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 | トップページ | Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 »