« 【中国】Samsung、2億ドルを中国研究開発センターに追加投入 | トップページ | 第1回 S!アプリのタッチ操作はどう?――「OMNIA POP 931SC」 »

救助の瞬間、映画「海猿」思った…生還の3人

 「『助けるからな』と言われ、ほっとした。映画の『海猿』を思い出した」――。

 伊豆諸島の八丈島近海で転覆した漁船「第一幸福丸」(8人乗り組み、19トン)の船体から4日ぶりに救出された乗組員3人のうち、鳰原(にゅうばら)貴光さん(33)(静岡市駿河区)は、第3管区海上保安本部の潜水士に助けられた時の気持ちを病院でそう語った。

 奇跡の生還から一夜明けた29日、3人はいずれも元気な様子で、朝食では大盛りのご飯を平らげた。ただ、残る4人の乗組員は行方不明のままで、安否を気遣う声も漏れたという。

 3人が入院している東京・八丈島の町立八丈病院の沖山みよ看護師長(57)が29日午前、記者会見して3人の様子などを語った。

 同病院の医師らによると、鳰原さんは漁船が転覆する前の24日の朝食後、海がしけて激しい船酔いに見舞われ、船内の「居住区」と呼ばれる部屋で休んでいた。救出された宇都宮森義さん(57)(静岡県下田市)と早川雅雄さん(38)(大阪市平野区)もその日の昼食を取った後、居住区におり、生還につながった。転覆したのは同日午後8時頃とみられている。

 沖山看護師長によると、転覆後について3人は「4日間ずっと、暗くて狭い場所で身動きができなかった。体中が痛い」などと話し、病院側が用意した湿布薬を首や足に張っているという。

 八丈町消防本部によると、八丈島空港から病院まで搬送される救急車内で、救助された乗組員の1人は「身動きがとれなかったので、船体が揺れるたびに足がこすれて痛かった」と漏らし、「(漁船に)乗っていたほかの仲間はどうなりましたか」と安否を気遣っていたという。

 鳰原さんが、潜水士が救助に現れた際に思い出したという「海猿」は、海上保安庁の潜水士の活躍を描いた人気漫画で、映画化もされた。

 鳰原さんは29日朝、「助かったらケーキが食べたいと思っていた」「甘いものが欲しい」などと話した。このため、病院側が朝食のほかにロールケーキとオレンジジュースを用意したところ、おいしそうに食べたという。

 3人は朝食を完食。病院内を歩いたり、病室で本や漫画を見たりしているという。看護師に「いつ退院ですか」と尋ねるなど体調は回復している様子だ。

|

« 【中国】Samsung、2億ドルを中国研究開発センターに追加投入 | トップページ | 第1回 S!アプリのタッチ操作はどう?――「OMNIA POP 931SC」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救助の瞬間、映画「海猿」思った…生還の3人:

« 【中国】Samsung、2億ドルを中国研究開発センターに追加投入 | トップページ | 第1回 S!アプリのタッチ操作はどう?――「OMNIA POP 931SC」 »