« Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 | トップページ | Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 »

41歳男性の睡眠薬、女の処方と一致…連続不審死

 埼玉県などで男性が相次いで不審死した事件で、同県内の駐車場で8月に遺体で見つかった東京都千代田区の会社員大出嘉之さん(当時41歳)の体内から3種類の睡眠導入剤の成分が検出されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 交際相手の東京都豊島区の無職女(34)(詐欺罪で起訴)も同じ3種類の睡眠導入剤の処方を受けていた。埼玉、千葉両県警は、女が大出さんの飲食物に睡眠導入剤を混ぜるなどした可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、大出さんは8月6日、埼玉県富士見市の月決め駐車場に止めたレンタカーの後部座席で遺体で見つかった。助手席からは、七輪や複数の練炭が見つかり、死因は一酸化炭素中毒だった。大出さんの体内からは、トリアゾラムやゾルピデムなど3種類の睡眠導入剤の成分が検出された。車内には睡眠導入剤の薬の包装などは残されていなかった。

 その後の捜査で、交際相手の女が、心療内科で3種類の睡眠導入剤を別々の機会に処方してもらっていることが判明。大出さんの体内から見つかった3種類の成分と同じ組み合わせだった。

 大出さんの遺体発見後、埼玉県警から事情聴取を受けた女は、5日夜に大出さん名義で借りたレンタカーで駐車場に行ったことを認め、「当日の夜、(当時住んでいた)板橋区の自宅で大出さんと一緒に自分の手料理を食べ、出かけた」とし、ケンカ別れした後、「タクシーで帰った」と説明していた。

 一方、捜査関係者によると、レンタカーの内外からは、「車で一緒に駐車場に行った」と説明している女の指紋が検出されなかった。

 大出さんは5日昼、自分自身のブログに、「2泊3日で婚前旅行に行きます」などと書き込み、手みやげに買ったお菓子の写真も掲載していたが、そのお菓子や、家族に「旅行に行く」と言って出かけた大出さんのカバンなども、車内になかったという。

 両県警は、女が当初、自分との接点を隠すため、手袋をするなどしたうえ、荷物を持ち出した可能性があるとみて調べている。

|

« Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 | トップページ | Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 41歳男性の睡眠薬、女の処方と一致…連続不審死:

« Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 | トップページ | Androidが組み込み機器業界に与えるインパクトは――ナノコネクトがセミナー開催 »