« auトップ3入り 次週の“5モデル同時投下”に思わぬ誤算 | トップページ | 「BAD RUNNER」のフロアヒットで知られるBRODINSKIが来日決定 »

「生きることだけ考えた」転覆漁船の3人会見

 漁船「第一幸福丸」(8人乗り組み、19トン)の転覆事故で、4日ぶりに奇跡的に救出された乗組員3人が31日朝、東京都八丈町の町立八丈病院を退院した。

 静岡県下田市のまどが浜海遊公園にヘリで到着した3人は、出港から11日ぶりに家族らと再会を果たした。午後1時から記者会見に臨み、「生きることだけを考えていた」などと話した。

 いずれも甲板員の宇都宮森義さん(57)(静岡県下田市)、早川雅雄さん(38)(大阪市平野区)、鳰原(にゅうばら)貴光さん(33)(静岡市駿河区)らが伊豆漁協下田支所で会見。閉じこめられた3日間で何を考えていたのかについて、宇都宮さんは「生きることだけを考えていた」と話した。また、鳰原さんは、「どういう死に方をするのか。いつ、息が吸えなくなるのか考えていた」と振り返った。早川さんも「半分はあきらめていた」と心境を語った。

|

« auトップ3入り 次週の“5モデル同時投下”に思わぬ誤算 | トップページ | 「BAD RUNNER」のフロアヒットで知られるBRODINSKIが来日決定 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「生きることだけ考えた」転覆漁船の3人会見:

« auトップ3入り 次週の“5モデル同時投下”に思わぬ誤算 | トップページ | 「BAD RUNNER」のフロアヒットで知られるBRODINSKIが来日決定 »