« HTV、ISSから分離…11月2日に大気圏再突入へ | トップページ | HTV、ISSから分離…11月2日に大気圏再突入へ »

歌丸さん「落語のお手本」…円楽さん死去

 落語ブームを支えた円楽さん死去の知らせに、悲しみの声が相次いだ。

 円楽さんの「笑点」降板後、司会を引き継いだ桂歌丸さん(73)は、「『笑点』が始まる前からの付き合いで、共に貧乏や苦しいことを乗り越え、落語や番組のことでたくさん話し合った仲でした。古典をきちんとしていたし、落語家のお手本のような人。落語界にとっても大変な損失」と悲しみを押し殺すように語った。

 来春、六代目円楽を襲名する楽太郎さんは、自身がプロデュースした「博多・天神落語まつり」のため、「笑点」メンバーの林家木久扇さん(72)、三遊亭小遊三さん(62)、三遊亭好楽さん(63)らとともに福岡市に移動していた。

 楽太郎さんは「師匠の急変に間に合わなかった事が、弟子として断腸の思いです。来年3月の円楽襲名に師匠である五代目がいない事、さみしさと重い責任を感じています」とのコメントを寄せた。

 木久扇さんは「入門した時、楽屋で会って以来、49年間の付き合い。落語界のお父さんのような存在だった」、小遊三さんは「豪快な芸風で、ああいう芸をしないといけないと思って見てきた。芸の道について、当初は『何でも受ければいいってもんじゃないよ』と言われたことを覚えている」としんみり。

 28日に見舞ったという弟子の好楽さんは「広い視野、堂々たる芸で、落語界の格式を上げることに力を尽くした人だった」と語った。

|

« HTV、ISSから分離…11月2日に大気圏再突入へ | トップページ | HTV、ISSから分離…11月2日に大気圏再突入へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌丸さん「落語のお手本」…円楽さん死去:

« HTV、ISSから分離…11月2日に大気圏再突入へ | トップページ | HTV、ISSから分離…11月2日に大気圏再突入へ »